トラック輸送や倉庫管理などの仕事には必須

フォークリフトは扱う荷物によって車両の大きさが異なりますが、フォーク状のアームを操作してコンテナなどの荷物を扱う点は共通しています。荷物の上げ下ろしを短時間で実行できることから作業の効率化には欠かせません。トラックや貨車の荷台から荷物を下ろしてそのまま倉庫まで運び、別の荷物を持ちあげて車両に積み込む一連の作業を人力で行うのは非常に手間がかかります。しかしフォークリフトを使えば一回の作業が数分程度で済むので大量の荷物を短時間で整理することも不可能ではありません。自動車の免許を持っていない人でも厚生労働省が定めた内容の講習を受ければ、必要な技能を習得していることを示す修了証が発行されます。

堂々と車両を操作して荷物の上げ下ろし作業ができますが、自動車免許が無ければ公道を走ることはできないので注意が必要です。

フォークリフトの運転に特化した求人は非常に少ない

フォークリフトの運転技能があれば就職や転職に有利なのは事実ですが、あくまでも他の仕事がメインであり、フォークリフトの運転は付随作業の一部であることを把握しなければいけません。フォークリフトによる荷物の上げ下ろし作業は仕事の効率化に不可欠ですが、車両の運転だけに限った仕事はごく少数と言えます。あくまでも運送業や倉庫管理業など他の仕事に従事している人が作業の一環としてフォークリフトを運転する必要があるだけです。求人広告にある「フォークリフト運転者募集」の文面も、一日中フォークリフトを運転する仕事ではありません。運転技能を持つ人を歓迎していることを意味する表現なのを理解しなければ納得して働くことはできないと言えるでしょう。

フォークリフトを運転するためには免許が必要となりますが、フォークリフトの求人の中には免許がなくても応募できるものがあります。

得るドア